Top > おもしろ > 当たり前

当たり前

破産手続きを考えている人で抱えている債務に関し保証人を立てているときには、早い段階で連絡しておくべきでしょう。

 

再度、改めてお勧めしますが負債に保証人がいるときは、自己破産手続きをする前にちゃんと検討しなければなりません。

その理由は今あなたが自己破産をして免除がおりると、保証人があなたの義務をみんな支払う必要があるからです。

 

ですから、破産手続き以前に保証人に、その経緯とか現状について報告しつつお詫びをしておかなければならないでしょう。

保証人になるひとの立場に立つと当たり前です。

債務者のあなたが破産の手続きをするために、とたんに支払い義務が発生することになるのですから。

 

そうなると、それ以降のその保証人の取るべき選択肢は以下の4つになります。

 

一つめは、保証人となる人が「いっさいを払う」ということです。

 

あなたの保証人がすぐにでも大きなカネを苦労することなく支払うことができるほどの現金を用意していれば、この方法が可能です。

 

でもその場合は、自分は破産の手続きをせずに保証人となる人にお金を貸してもらって、その保証人に毎月返すという方法も取れるかと思います。

 

また保証人があなたと関係が親しいなら、期日を繰り延べてもらうことも不可能ではないかもしれません。

たとえ合わせて返済が不可能でも業者側も相談すれば分割支払いに応じてくれます。

その保証人にも自己破産をされると借金が一円も返済されないことになってしまうからです。

 

保証人がもし債務者の負債を代わって背負う経済力がないならあなたと同じように何らかの方法による負債の整理を選択しなけばなりません。

2つめが「任意整理」によって処理することです。

貸金業者と話し合いを持つ方法により、5年以内くらいの期間で完済をめざす方法です。

 

実際に弁護士事務所に依頼する際のかかる経費は1社につき4万円ほど。

合計7社から契約があった場合28万かかります。

また貸方との交渉を自分ですることも可能ですが、法律の経験がない素人だと向こうが自分に有利なプランを用意してくるので気を付けた方がいいでしょう。

 

任意整理を選択するとしても保証人となる人に負債を負担してもらうことになるわけですから借りた本人は長くかかるとしてもその人に支払っていく必要があります。

続いて3つめは保証人である人も返済できなくなった人と同じように「破産手続きをする」という方法です。

 

その保証人も返済できなくなった人といっしょに破産申告すれば、あなたの保証人の返済義務も帳消しになります。

 

ですが、保証人が戸建て住宅などを所有している場合はそういったものを失いますし資格制限のある仕事をしているのであるならば影響が出ることは必須です。

 

個人再生を利用するといいでしょう。

一番最後に4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を使う」ようにします。

 

マンション等の不動産を残して負債の整理を望む場合や、破産申告では影響が出る仕事についている方にメリットのあるのが個人再生という制度です。

この方法なら、自分の家は処分する必要はありませんし、破産申し立てのような職種にかかる制限、資格に影響する制限等は一切かかりません。

 

おもしろ

関連エントリー
可能性がいっぱい当たり前
カテゴリー
更新履歴
自分の髪の薄さが気になる(2014年12月 7日)
スワップ金利で儲けることもできます(2014年9月 4日)
旧友が夫の浮気調査を依頼したんです。(2014年9月 3日)
兄嫁の浮気をつかみたく、証拠をつかみたい・・・(2014年9月 3日)
こんな日は逆の電車に乗りたい(2014年9月 1日)