Top > おもしろ > 可能性がいっぱい

可能性がいっぱい

ようやくエントリーする時という局面ではまずは事前調査を怠ってはならない。

取引を行う前であるならば出来事を論理的に見つめる事が可能です。

 

だけれども、売買の内側へ入ってしまうと考え方が独りよがりになり、時にはしっかりとした考え方が出来なくなる。

 

可能性があります。

 

だから自らのメンタルが落ち着いている場面できちっと準備をしておくことが不可欠です。

 

この"j事前準備"のためには、始めに己のシナリオを描くことから手をつけます。

 

今からの市場はこうなるだろうからこの外貨を勝負するというように脚本を書いていきます。

 

次にローソク足チャートをチェックする事です。

 

それまでの為替レートの上げ下げを見て現在のチャートをチェックします。

 

そうしたら、「結構安すぎる場面になっている」あるいは「もうすでに大方の売買しているから今から大急ぎでエントリーしても今となっては遅いな」ということが理解できます。

 

当然ですが買い(または売り)するのがなすすべがないと思ったらエントリーしないで、ここは吹っ切ることが重要です。

 

自らの筋書きを妥協しないで吹っ切らずに新しく注文すると市場にやられてしまい、損をすることになる可能性があります。

 

そうは言っても大体の場合、緻密な自分自身の筋書きを思い描いていくと買い(または売り)が遅いなという具合にはならないだろう。

 

本格的に為替相場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

更に、とりあえず自分がエントリーしようと考えている通貨の変化をしっかり調べる事が不可欠です。

 

仮にドル高になるであろうという台本を書いたのであれば、該当する通貨の上下動に注目する事が大切です。

 

相場の上下動を気をつけ始めた段階ではまだまだドルは明確に上げ下げする様子を見せず、上下に小幅な変化をしているだけでしょう。

 

だが、その上げ下げを正確に注目しているとある場面で着実に円安へとマーケットが変動し始めます。

 

このチャンスでやっと、ドルのエントリーします。

 

普通、ここまで注意深く用意を進めておけばそのトレードで稼げる確率は割合高まります。

 

おもしろ

関連エントリー
可能性がいっぱい当たり前
カテゴリー
更新履歴
自分の髪の薄さが気になる(2014年12月 7日)
スワップ金利で儲けることもできます(2014年9月 4日)
旧友が夫の浮気調査を依頼したんです。(2014年9月 3日)
兄嫁の浮気をつかみたく、証拠をつかみたい・・・(2014年9月 3日)
こんな日は逆の電車に乗りたい(2014年9月 1日)